学校法人 谷塚幼稚園 > 幼稚園の紹介

園の歴史



 昭和26年4月、幼少年期における仏教的情操教育の重要性を提唱された、善福寺第十一世小倉海如上人の法室(八重法尼)の発願により、善福寺境内の一部を開放し、寺院の附属建物を仮の園舎とし、当時の谷塚町長、町議会、町会、婦人会、文教関係者などの全面的な支援のもとに、谷塚幼稚園は設立されました。
 設立当初は2教室(40坪)・園児数28名・教職員5名であった。
 
 昭和27年3月、200uの新園舎が完成。設置基準に基づく内外設備の充実と環境の整備事業を実施。知事より埼玉県認可学校として谷塚幼稚園の設置が認可される。
 
 昭和29年、園の恒久的公共性を保持するため、県の指導を受けて学校法人化を推進。11月30日付で学校法人立谷塚幼稚園が認可される。
 
 昭和30年5月、創立5周年記念行事では、東京高等保育学校長山内憲尚師、豊山保育短期大学教授賀来琢磨師の好意により園歌が贈られる。また、後援会より園旗が贈呈される。
 
 昭和55年6月、創立30周年を記念し、園庭整備及び園舎の増改築を行なう。また、「谷塚幼稚園音頭」の創作発表を行なう。
 
 平成12年10月、現理事長 小倉惠照は、創立50周年記念事業の一環として、先の阪神淡路大震災を教訓に、園児達が安心して幼稚園生活をおくれるよう園舎の建て替えを決意、最新の耐震構造による鉄筋2階建園舎が平成14年3月完成した。
(延べ床面積1,196.5u、設計:ネギシ設計事務所、施工:大成建設)